訪日外国人を取り込む起業|POSレジならコストを徹底的に下げられる
男性

POSレジならコストを徹底的に下げられる

訪日外国人を取り込む起業

ビル

まだまだ続く日本ブーム

外国人が日本へ旅行することをインバウンドといいますが、昨年の訪日観光客は2500万人近くにまで増えたのです。理由は色々ありますが、政府が観光立国を目指して海外へ積極的な働きかけをしたからです。また日本ブームが巻き起こる下地が数年前から起こっていたのです。その象徴がラーメンブームです。とにかく訪日観光客の経済効果を見逃す手はないということで、インバウンドで起業するケースがとても増えています。2020年に東京オリンピックが開かれるため、日本ブームはそれに向かって更に大きなムーブメントとなるからです。インバウンド起業の中心はやはり宿泊関係です。個人的に増えているのはゲストハウスの経営です。政府も民泊を許可する方針なので、外国人のためのゲストハウス経営は最適です。

ベジタリアンのためのお店

これまでの観光産業は国内旅行者向けに宿泊施設やサービスを行ってきたので、急増する訪日外国人を収容するホテルや旅館が少ないのです。このインバウンド需要を取り込む方法として、個人宅でも余っている部屋をゲストハウスとして貸し出そうという動きが大きくなっています。訪日外国人にとっても日本の家庭に直接触れることができるメリットがあり、多くの観光客が利用するはずです。一戸建て住宅でもマンションでも、観光地に近い場所ならかなりの利用者が見込めます。宿泊以外でも様々なインバウンドベンチャーの試みが行われていますが、飲食店での試みはベジタブルフードの専門店などがあります。外国人の中にはベジタリアンがとても多く、その人たちの需要を取り込むことができます。